闇金相談 警察

闇金相談を警察にして結果につなげるためには

闇金相談を警察は受けてくれるのでしょうか。

seikatsuanzenka

 

答えは、受けてはくれます。

 

闇金の問題は、警察署の生活安全課に担当官がいる場合があります。その担当官と約束を取り付けて相談してください。

 

本来、警察署は被害届を出す先です。もちろん、相談も受けるには受けますがあなたの闇金対策として有効打になりえるかは担当官次第だったり、タイミングだったりするので過大な期待はしないほうがよいでしょう。

 

keisatsu

 

原理原則からいうと、闇金の行っている行為は犯罪に当たるものが多いので、犯罪であるということがはっきりと証明できる証拠が十分あり、納得させられる材料が揃っているのであれば被害届を出すのが闇金問題の警察署の本来の使い方なのです。

 

事件の緊急性からするとどうしても経済犯罪は「今すぐ」動くべき事件としての優先順位が付けられていないのが現状のようなんですね。

 

実際のところ、警察署には闇金問題対処マニュアルというものが存在していることが国会の答弁で明らかになりました。このケースの例では被害届を受けた警察官が「借りたあなたが悪い」とか「私だってお金を貸せば取り立てる」というような対応をしたとのことです。

 

もちろん、被害届の前の段階での相談レベルで巡回回数を増やしてくれたとか、担当官が闇金に連絡をしてくれてもん問題が解決したという例もあるので直接間接に効果につながっていることも間違いはありません。

 

このサイトの「闇金相談の準備について」を参考になさって準備をしてください。

 

そして、相談に行く警察署の生活安全課に連絡をとって闇金問題にあたっている警察官と約束を取ってから警察署を訪問するのが効果的です。

 

生活安全課と言ってもすべての担当官が闇金問題に明るいわけではないので、対応できる担当官にチャント話を聞いてもらうためには電話一本前もって入れて置くことで担当でない人に話をしてしまったり、たらい回しにされたりすることが避けられます。

 

場合によっては担当官が闇金に電話をいれてくれて、問題が解決する場合もあるようですよ。

 

とはいっても、闇金は警察に被害届を出されることも慣れたもので、実際に捜査機関が動かない限り嫌がらせと取り立てをやめない場合もあります。

 

たちの悪い業者の場合、警察にチクったなと嫌がらせをエスカレートさせるケースもあるので注意が必要です。

 

そういう場合には、すみやかに、相談でなく被害届を出すことをおすすめします。また同時に法テラスや金融被害に詳しいNPOもしくは闇金対応をしている弁護士、司法書士に相談をすることでさらなる被害を食い止めることにつながると思いますよ。