闇金 キャンセル

闇金がキャンセルできないときの解決法!

闇金キャンセル

 

闇金がキャンセルできない方に解決法を紹介しています

 

闇金に申し込んでキャンセルできない被害者が増えていますが、闇金の手口にキャンセル料詐欺というものがあります。

 

お金に困っている人にもお金を貸していると思わせて、法定金利を遙かに超えた利息を要求して断らせたうえでキャンセル料や審査手数料、事務費用などを請求する手法なんですが、近頃の闇金相談の5人に3人はキャンセル料詐欺だなんていわれています。

 

確かにまっとうな金融会社では貸し付けしない人たちにお金を貸していますから、サイトに書かれたことはウソではないんですよね。

 

ただ申し込んだら最後、お金を借りようが借りまいか、違法業者に好き勝手をされるだけで。

 

警察に相談してもあやしい金融に申し込んだのが悪いなんて言われて、相談すらできなく精神的に追い詰められてしまうなんて話も聞きますが、こうした闇金をキャンセルできずに苦しむ人は一生違法業者の餌食になるしかないというと、そんなことはありません。

 

闇金をキャンセルして解決する方法をこれより解説していきます。

 

闇金業者はインターネットに隠れてる?

闇金キャンセル

 

闇金による手口は巧妙化していますが、携帯やスマートホンの普及でインターネットが一般的になって被害は拡大するばかり。

 

それというのも、ネットの匿名性を利用して闇金業者が暗躍するようになったからなんです。

 

特に昔なら電話ボックスやガードレール下に怪しいチラシを貼っていたような業者が、いまでは堂々とウェブサイトを作って獲物が来るのを待ち構えています。

 

もちろん怪しい業者のホームページなどはすぐに消されますが、消えた端から新しいものがどんどん出てきてくるのが現状です。

 

近年のヤミ金の手口は「即日入金可」「生活保護(ナマポ)でも融資します」「ブラックOK」なんて甘い言葉で、クレジットカードやローンの審査も通らなかったり、支払いを延滞してブラックリスト直前でどこからも借り入れできない人を引き寄せ、融資申し込みをさせようとします。

 

闇金業者のHPは具体的な利息も書かず、誰でも借りられるみたいに書いてあったり、堂々とソフト闇金と名乗って借り入れ希望者を呼び込んでいるわけです。

 

あからさまにあやしいサイトも多いんですが、お金に困っているとあやしまずに審査申し込みをしてしまうんですよね。

 

そして実際に審査を通過して借り入れするときに、闇金だとわかってキャンセルしようとしても個人情報や会社の連絡先、両親や兄弟の情報まで闇金業者に知られて逃げられない被害者ができあがります。

 

闇金をキャンセルできない理由

闇金キャンセル

 

闇金をキャンセルできないのには被害者の方それぞれに理由があると思いますが、キャンセルできない理由を大きく分けるといくつかのパターンが見られます。

 

  • 住所や氏名、電話番号(携帯番号)を知られている
  • 家族や親族に迷惑をかけたくない
  • キャンセル料を払えと闇金に脅されて夜も眠れない
  • 相談したくても相談先がわからない
  • 警察に相談したけど話を聞いてもらえなかった
  • 働いている会社やアルバイト先、パートを辞めさせられるかもしれない
  • 子どもの学校に知られてイジメられるようになったらと思うと心配
  • お金に困っていると近所や同僚に知られると恥ずかしい
  • 大声で怒鳴られたり脅迫されて怖くて抵抗できない
  • キャンセル料をはらう理由がないのに話が通じない
  • もし断ったらヤクザなどが家に来そう

 

上記のいくつかに当てはまってはいませんか?

 

普通の生活をしていたら闇金による迷惑行為なんてまずおめにかからないですよね。

 

闇金からの督促で非日常のように思えることがいくつも身近で起こって混乱している時は、誰もが何の行動もおこせないもの。

 

ですが、何もしなければ解決することはできないんです。

 

 

 

闇金にキャンセル料を払えと強要されている場合、少しでも早く専門家に相談すべきです。

 

まずは専門家に相談を

闇金キャンセル

 

闇金問題というのは個人では対処が難しいもの。キャンセル料を請求されて強気で断れといわれてもいろいろ考えてしまってそうそうできませんよね。

 

ではどうやって闇金の融資をキャンセルして解決するかというと、まずは闇金に詳しい専門家(弁護士や司法書士)に相談してみましょう。

 

ただ話すだけで解決するはずがないと思うかもしれませんが、闇金対応の弁護士・司法書士は解決への第一歩なんです。

 

闇金への対処方を聞いて闇金からの催促が止まればよし、何も変わらなければより強い対抗手段をとることができます。

 

 

 

闇金に詳しい専門家に相談する窓口を次項で紹介します。

 

闇金の相談先とは

闇金キャンセル

 

闇金問題の相談先は法テラスや消費者センターなどいくつかありますが、もっとも相談しやすいのは闇金問題を取り扱う弁護士事務所や司法書士事務所の開設している相談窓口です。

 

法テラスや消費者センターといった公共の窓口では闇金専門の窓口が少なく、日本全国からさまざまな悩みの相談がもちこまれるので、相談できるまで時間がかかります。

 

闇金から毎日のように脅されてるのに、相談の予約が3日後にとれて我慢できますか?

 

法律事務所や法務事務所の相談窓口なら土日でも相談でき、受付時間も法テラスなどのくらべてずっと長く、なかには24時間いつでも受付している事務所まで。

 

専門家の設置した闇金専用相談の窓口では電話だけでなくメールでも相談できますし、フリーダイヤルなら日本全国どこからでも通話料がかかりません。

 

闇金の相談窓口を探す方法

弁護士や司法書士が開設している相談窓口を探す方法を説明します。

 

相談窓口はパソコンやスマホを利用してインターネットで簡単に検索することができます。

 

「闇金」「相談」「弁護士」「司法書士」などのキーワードでグーグルやヤフーで検索してもいいですし、「闇金の相談できる窓口」とググッても見つけることができます。

 

闇金の相談は複数の窓口へ

 

闇金をキャンセルできなくて困っている、キャンセル料詐欺にひっかかった、闇金から強引に貸付されて生活が苦しいといった相談は、1箇所の相談先に頼らず、いくつかの事務所に相談してみましょう。

 

闇金問題は弁護士や司法書士の解決実績や交渉経験がものを言います。闇金相手に自信なさそうな弁護士なんて頼りたくないですよね。

 

複数の窓口に相談して、一番あなたが信じられると思った事務所を見つけましょう。

 

相談だけでは解決できないときに信用できる専門家がいれば、解決依頼をすぐに頼めますよね。

 

ただ相談するだけでなく、一歩先を見据えて専門家のアドバイスを聞くのが、窓口の賢い利用方法になります。

 

 

 

弁護士や司法書士に相談しても自力解決できそうもなければ解決してもらいましょう。

 

弁護士・司法書士に解決してもらう

闇金キャンセル

 

闇金がキャンセルできないなら弁護士や司法書士に代わりに解決してもらうことができます。

 

闇金業者と直接交渉しようにも、電話にでるのも怖かったり、話をしようとしてもまったく聞いてもらえなければ解決なんてできませんよね。

 

こうした場合は専門家に間に入ってもらうことで解決につながります。

 

ただし注意しなければいけないのが、闇金問題を取り扱う弁護士や専門家というのは決して多くはありません。

 

小規模の事務所だと闇金からの嫌がらせや迷惑電話、ネットで誹謗中傷の口コミを書かれる被害はバカにはできません。

 

闇金問題を取り扱う闇金対応の事務所に解決を頼まないと、無駄な時間を過ごすことになります。

 

弁護士や司法書士に頼むメリット・デメリット

弁護士や司法書士に解決を依頼するメリットとデメリットをあげていきます。

 

弁護士や司法書士に頼むメリットとは

 

まず専門家に頼むメリットを挙げてみましょう。

 

  • 催促の電話がすぐにストップする
  • 闇金から取り立ての連絡がこなくなる
  • 秘密厳守で解決してもらえる
  • ヤミ金被害があってもお金を取り戻せる
  • 迅速に解決できる

 

弁護士や司法書士が依頼を受けて闇金業者に受任通知をすると、交渉相手が闇金被害者から受任(契約)した専門家に変わります。受任通知と同時に闇金との交渉が終わることもありますから即日のうちに解決できることも。

 

特に闇金への融資申し込みをキャンセルできなくてキャンセル料を請求されているケースなら、闇金側も損をしないのでその日のうちに話がまとまることも多いと聞きます。

 

闇金からの督促や嫌がらせが停止することで不安もおさえられますし、冷静に考えをまとめることができるようになります。

 

家族や勤務先にも秘密を守ってもらえますから、周囲に知られることもありません。

 

さらにキャンセル料を支払ったり闇金から貸付されても、実は元金も含めて返済義務がないとの判決が出ていますので、闇金業者からお金を取り戻すことができます。

 

ただし専門家に依頼することはメリットだでけなくデメリットもあるので注意が必要です。

 

弁護士や司法書士に頼むデメリットとは

 

では逆に専門家に依頼するデメリットを挙げてみましょう。

 

  • 解決費用がかかる
  • 経験が足りないと解決まで時間がかかる

 

解決費用に関しては難関の国家資格をもつ専門家に依頼することになりますから避けては通れません。

 

ただしどうせお金を払うなら即座に解決して欲しいですよね。依頼しようとした専門家が闇金対応じゃなかったり経験が足りないと解決までに余計な時間がかかってしまいます。

 

闇金解決の経験豊富な専門家なら即座に話がまとまるところを、ずるずると時間ばかりが過ぎてしまうことになります。

 

一刻でも早くキャンセルするなら事務所選びは重要なポイントになるんですね。

 

専門家への依頼費用

弁護士や司法書士への依頼費用は闇金1件あたり3万円から5万円が相場。

 

弁護士よりも司法書士のほうが依頼料が安めなようです。

 

闇金対応の事務所なら着手金(依頼時にかかるお金)が無料で成功報酬だけを請求するところもありますし、後払いや分割払いに対応していればキャンセル料詐欺がおさまってから費用を払えるので依頼者の負担も軽くなります。

 

 

 

解決するのにお金がかかるならキャンセル料を払った方が楽かも?って考えてしまいそうですか、闇金相手にお金を払うkとは避けるべきです。

 

次項では闇金をキャンセルするためにお金を支払うとどうなるかを説明していきます。

 

闇金にキャンセル料を払ってはいけません

闇金キャンセル

 

闇金の融資をキャンセルするのに弁護士に依頼する手間をかけるより、さっさと払ってすぐにでも手を切りたいと思うかもしれません。

 

ですが、闇金にキャンセル料を払えば二度と請求されない保証はどこにもありません。

 

闇金なんて非合法の手段で稼ごうとする相手が、個人情報なんて弱みを握りながらすぐに見逃してくれるなんて甘い考えは捨てましょう。

 

キャンセルを認めないばかりか脅せばお金を出すカモ認定されて、契約解除手数料とかの名目でさらにお金を搾り取ろうとされるだけです。

 

闇金の手口に融資の申し込みもしてないのに銀行口座に勝手にお金を振り込んで返済を強要する方法がありますが、銀行口座が闇金に知られていれば押し貸しの被害者になってしまう可能性も。

 

闇金に関わってしまったらきちんと関係を断たない限り、今後も闇金の被害に悩まされる可能性は消えません。

 

まとめ

闇金キャンセル

 

闇金によるキャンセル詐欺の解決法をまとめましたが、お役に立てたでしょうか。

 

闇金と知らずに申し込んでキャンセルできない悩みは増加する一方で、ネットの掲示板や知恵袋などで解決方法を知りたいという質問と、こうやって断れたなんて口コミ情報がいろいろと書かれてますよね。

 

でもインターネットの情報は匿名だったり本名のわからない投稿も多く、まるで宣伝のような怪しいサイトへのリンクなどもあってなかなか信用しきれないところがあります。

 

闇金の相談を弁護士や司法書士にすることで正しい知識も対処方も教われますし、回り道せず解決することができますよ。

 

専門家に相談する方法やメリットやデメリットも説明しましたので、闇金に負けずにき